温泉分析書(鉱泉分析試験法による分析)

1.源泉名、ゆう出地又は採取地 土肥温泉(混合泉)
2.泉質 カルシウム・ナトリウム―硫酸塩、塩化物温泉
(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
3.泉温 源泉地または採取地 57.8(℃)
4.温泉の成分  (pH 8.4)
(mg/kg)
陽イオン ナトリウムイオン 181.1 非解離成分 メタケイ酸 55.2
カリウムイオン 5.4 メタホウ酸 1.0
マグネシウムイオン 0.8 その他微量
成分
マンガンイオン < 0.01
カルシウムイオン 352.1 水酸イオン 0.043
陰イオン 塩素イオン 276.1 メタ亜ヒ酸 0.022
臭素イオン 0.4 総成分 1.727 g/kg 
ヨウ素イオン 0.1
硫酸イオン 836.3
炭酸水素イオン 15.5
炭酸イオン 3.4
5.温泉の分析年月日(現地調査の日) 平成12年11月13日
13.分析者名又は分析機関名 財団法人静岡県生活科学検査センター


温泉の禁忌症・適応症

1.禁忌症
〈 浴用 〉   急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、心臓病(ただし高温浴(おおむね42℃以上)の場合)、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、高度の動脈硬化症(ただし高温浴の場合)、高血圧症(ただし高温浴の場合)、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)
2.適応症
〈 浴用 〉   神経症、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、慢性皮膚病、虚弱児童、病後回復期、疲労回復、健康増進、動脈硬化症
3.温泉浴用上の注意事項
(1) 温泉療法については、温泉について専門的知識を有する医師の指導を受けることが望ましい。

温泉療養を始める場合は、最初の数日の入浴回数を1日あたり1回程度とし、その後は1日あたり2回ないし3回までとすること。
温泉療養のための必要期間は、おおむね2ないし3週間とし、湯あたりが現れたら、症状が回復するまで、入浴回数を減じ又は入浴を中止すること。
(2) 入浴時間は、入浴温度により異なるが、初めは3分ないし10分程度とし、慣れるに従って延長してもよい。
(3) 入浴中は一般的には安静を守り、入浴後は、湯冷めに注意して一定の時間の安静を守る。
(4) 入浴後は、体に付着した温泉の成分を洗い流さない。
(湯ただれを起こしやすい人は、真水で身体を洗うか、温泉成分を拭き取るのがよい。)
(5) 熱い温泉に急に入るとめまい等を起こすことがあるので、身体にかけ湯をしてから入浴する等、十分注意する。
(6) 食事の直前・直後の入浴は避けることが望ましい。
(7) 飲酒しての入浴は特に注意する。
4.適応症または禁忌症の決定年月日
平成13年1月25日
5.決定者
静岡県東部保健所長
武田良次
お問合せ
合宿のおすすめ
料理のおすすめ
温泉のおすすめ